MARCELO マルセロ

アメリカンスポーツガレージ アメ車専門店

懐かしの旧車 アメ車博物館

名車!なつかしのアメ車シリーズ(アメ車博物館)

 

 

アメリカ車の名車 なつかしのアメ車 思い出のアメ車 旧車・旧式車・絶版車のアメ車博物館 マルセロ

 

 

1960年代~1980年代のアメリカ車を自信を持ってお届けする

MARCELOの確かな技術力

 

名車に憧れていたあの頃の思い出のままに

ヴィンテージなアメリカ車を 

飾るだけでなく、実際に乗って楽しめる

 

 

アメリカ車専門店マルセロが送り出したセミ・クラッシックカーの数々をお楽しみください。

 

シボレー・コルベット C1

シボレー・コルベット C1 Corvette CHEVROLETシボレー・コルベット初代
"The First Corvette"
(CHEVROLET Corvette C1 1954-1962)

→シボレー・コルベット C1の詳細
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

シボレー社初の2シーターレイアウトのオープンスポーツカー(オープンカー / コンバーチブル Convertible)。

 

スチール製のバックボーンフレームに量産車としては初めてのFRP(繊維強化プラスチック Fiber Reinforced Plastics)ボディパネルを使用している。
1954年の登場からマイナーチェンジを続け、1960年にはインジェクション仕様が300 ps超となった。

 

最終モデルでは排気量は5369 ccまで拡大し、ベースモデルで最高出力250 ps / 4400 rpm、最大トルク39.0kg-m / 2800 rpmとなった。

 

1961年モデルからはリアエンドがC2(スティングレイ)と同じデザインとなる。
当時の人気TVドラマ「ルート66」に登場するのは、この61Corvetteである。

また、ヘッドライトが露出したスタイルの最終型は1962年型。


 

→マルセロ仕上げ フルレストア C1コルベット 1962年式

→10周年記念Marceloモデル C1 Corvette 1962年式

 

※ 掲載している車は売約済みです。
ご希望の車種を日本全国、独自のUSAストックからお探しいたします。

 
 
 
 
 
 

シボレー・コルベット C2

シボレー コルベット C2 スプリットウィンドウ スティングレイ コルベットスティングレー Sting-Rayシボレー・コルベット2代目
"Sting Ray"

(CHEVROLET Crovette C2 1963-1967)

→シボレー・コルベットC2(スティング・レイ)詳細
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

スティングレイレーサーのスタイルを基礎にしてデザインされたC2型コルベットは、「コルベットスティングレイ」と呼ばれるようになった。
スティングレイとは、「アカエイ」という意味である。

オープンカータイプ(コンバーチブル)のみだったC1コルベットと異なり、クーペをラインナップにのせた。

先鋭的・前衛的で独特なデザインは、当時の競合するどのタイプとも似ていない。特に1963年式のみに存在する「スプリット・ウィンドウ」は、現在でも非常に人気が高くその多くはオークションでも高いプレミアがついている。スプリットウィンドウを装備するC2は約2万台存在する。

 

また、一般的なリトラクタブル・ヘッドライトとは逆方向に回転する構造が採用されている。このモデルは1964年に登場し、C5型までCorvetteに引き継がれていった。
※ 現在ではリトラクタブル・ヘッドライトを搭載する車は皆無である

 

ホイールベースがそれまでの102インチから98インチに短縮されたボディは完全な新設計であり、ラダーフレーム構造を採用している。
低車高・低重心であり、特にC2コルベットはフロントエンジンでありながら車体後方に重心をとる設計になっている。
フロントはダブルウィッシュボーン、リアはトレーリングアームである。

 

ブレーキは、当初4輪ドラムブレーキであったが、1965年式より4輪ディスクブレーキに改良されている。
オプションではキャブレター仕様の300 ps(L75)と340 ps(L76)、さらにインジェクション仕様の360 ps(L84)を提供。最強のL84は0→100 km / h 加速5.9秒というパフォーマンスで競合を凌駕。
パワーアップにともない、トランスミッションも充実させた。標準装備の3速MTに加え、3速ATや加速力を向上させるためにクロス・レシオ 4速MTもラインナップ。